豆乳を飲むと胸に効果がある?バストアップ以外の豆乳の効能とは

2022/05/06

豆乳を飲むと胸に効果がある?バストアップ以外の豆乳の効能とは

大豆が原料となっている豆乳は、古くから美容や健康によいとされていました。そして近年では、バストアップ効果があるという噂も絶えません。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで販売されている豆乳製品の中には、プレーン味のほかにも日頃からおいしく飲めるさまざまな味の種類があります。そのため、バストサイズが小ぶりなことに悩む女性にとっては、特に気になる飲料なのではないでしょうか。

そこで今回は、「豆乳は胸に効果がある」という噂の真相から、豆乳に期待できる効果・効能、正しい飲み方やタイミングまでを徹底的に解説します。バストサイズに悩む女性は、ぜひ参考にしてください。

 

1. 豆乳は胸に効果があるのは本当?

近年では、「豆乳にはバストアップ効果がある」という情報が定着しつつあります。実際に豆乳を日々欠かさず摂取していた人がバストアップをしたという事例もありますが、実は科学的に立証されているわけではありません。

また、豆乳を飲んでバストアップした女性は豆乳を飲むだけでなくバストアップにつながるストレッチや生活習慣を行っていることも多いため、「豆乳を飲むだけで胸が大きくなる効果がある」と言い切ることは不可能です。

胸を大きくしたいのであれば、豆乳をひたすら飲むだけではなく、ほかの食材もバランスよく取り入れつつ、胸を大きくする運動やバストケアなどを行って外と内から働きかけることが大切です。

 

2. 胸以外にも!豆乳に期待できる効果・効能

豆乳は直接的に胸に効果があるとはいえないものの、間接的に作用する可能性はあります。また、ほかにもさまざまな健康・美容効果が期待できるため、バストアップ目的だけではなく、健康的な食生活を維持することを目的に毎日摂取することは当然おすすめです。

では、豆乳にはどのような効果・効能が期待できるのでしょうか。ここからは、豆乳に期待できる4つの効果・効能を紹介します。

 

2-1. 女性ホルモンを助ける効果

豆乳には、女性ホルモンを助ける効果があるとされています。女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるプロゲステロン・エストロゲンのことです。豆乳に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンに似た成分となっており、代替ホルモンとして体内のイソフラボン減少をサポートします。具体的には、下記のような「女性ホルモンを助ける効果」が期待できます。

  • 月経や排卵のコントロール
  • 自律神経の安定化
  • 女性らしい体づくりのサポート など

女性らしい体づくりのサポートの中には、乳腺を発達させる効果も含まれています。しかし、乳腺の発達が顕著となる時期は基本的に10~20代であり、発達時期が過ぎると豆乳によるバストアップ効果はさほど期待できないことに注意してください。

 

2-2. 便秘の改善を促す効果

豆乳は、便秘の改善を促す効果も期待できます。豆乳には、「善玉菌」と呼ばれる乳酸菌・ビフィズス菌の栄養素となるオリゴ糖が豊富に含まれていることが特徴です。乳酸菌・ビフィズス菌といった腸内細菌は腸内の悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を整えるための働きかけをします。

つまり、豆乳を摂取し腸内細菌を活性化させることにより、便秘解消を促すことが可能です。腸内環境が整うと便秘や下痢になりづらく、基礎代謝も高められるため、「太りやすい体」となってしまうことも防げます。このように、単純に便秘の改善を促す効果が期待できるだけでなく、便秘の改善によるよい影響があることも覚えておきましょう。

 

2-3. ダイエットをサポートする効果

豆乳には、血液の中の余分な脂質を流すサポニンと、痩せやすい・太りにくい体を作るために不可欠なたんぱく質という栄養素が豊富に含まれています。

サポニンは、余分な脂肪の蓄積の抑制効果や脂肪燃焼の促進効果があるといわれています。また、たんぱく質は脂肪になりづらいエネルギー産生栄養素です。日々運動や筋トレをしたうえでたんぱく質を摂取すると筋肉量が増えて基礎代謝が上がるため、ダイエットの強力なサポート役ともなるでしょう。

たんぱく質は、適切な量を摂取することが重要です。適切な量は、身長や体重、日々の運動量などによって一人ひとり異なります。過剰に摂取すると脂肪に変換しやすくなるだけでなく、体に悪い影響を及ぼす可能性も出てくるため、適切な量を考えてなるべくこまめに摂取するようにしましょう。

 

2-4. エイジングケアの効果

大豆には、サポニンという栄養素が含まれていることを前述しました。サポニンは余分な脂肪の蓄積の抑制効果や脂肪燃焼の促進効果が期待できるだけでなく、抗酸化作用もあります。肌の老化の原因となる活性酸素を抑えられ、乾燥・紫外線などのダメージから肌を守ること、シミ・そばかすを予防することにも効果的といわれています。

また、肌の健康を維持するために有効なビタミンB・レシチンも豊富に含まれており、若々しい細胞を維持することが可能です。このように大豆には、バストアップだけでなく美容面でのあらゆる効果が期待できることを覚えておきましょう。

 

3. そもそも豆乳とは?種類ごとに違いはある?

そもそも豆乳とは、「大豆からたんぱく質を含む成分を溶出した乳状の飲料」を指します。簡単にいうと、水に浸した大豆をすりつぶして、繊維質(おから)を除去した乳状の飲料のことです。なお、「豆腐」は豆乳を凝縮させて作られたものとなります。

また、豆乳には主に無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料の3種類があります。

●無調整豆乳

無調整豆乳は、8%以上の大豆固形分が含まれている豆乳のことです。前述した「大豆からたんぱく質を含む成分を溶出した乳状の飲料」は、いわゆる無調整豆乳の定義であり、一般的にいわれる豆乳は、無調整豆乳のことと考えて問題ありません。無調整豆乳の原材料は大豆のみとなっているため、大豆特有のやや苦みのある風味が特徴的です。

●調整豆乳

調整豆乳とは、無調整豆乳に大豆油・植物油や砂糖・食塩類の調味料を加えて飲みやすくした乳状の飲料を指します。豆乳中に含まれる大豆固形分は6%であり、無調整豆乳のような大豆の独特とした苦みはやや抑えられていることが特徴です。ほんのりと甘さを感じるような風味であることがほとんどで、小さな子どもでも飲みやすいといえるでしょう。

●豆乳飲料

豆乳飲料とは、豆乳に果物や野菜、コーヒーなどのフレーバーが含まれた飲料を指します。豆乳中に含まれる大豆固形分は2~4%であり、商品によっては果汁が入っているものもあります。ほかの豆乳に比べて味の種類が最も豊富で、最も身近な豆乳となるでしょう。大豆特有の苦みや風味はほとんど感じられず、ジュース感覚で飲むことが可能です。

無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料では、それぞれ大豆固形分の含有量が異なります。大豆による何らかのよい影響を受けたいのであれば、なるべく無調整豆乳を選ぶことが大切です。また、無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料のいずれにおいても、飲みすぎには注意してください。

 

3-1. 豆乳と牛乳の違い

豆乳と似た飲料には、「牛乳」が挙げられます。名前のみならず見た目も似ていることから、混合して考える人も多くいるでしょう。しかし、この2つはまったく異なる飲料です。

豆乳は前述の通り、大豆からたんぱく質を含む成分を溶出した乳状の飲料のことで、「大豆製品」に分類されます。商品によって苦さ・甘さ・フレーバーは異なるものの、基本的にやや苦い風味であることが特徴です。

一方で牛乳は、乳牛から搾った生乳(せいにゅう)を加熱殺菌した乳白色の飲料のことで、「乳製品」に分類されます。主な成分はカルシウムで、その量は豆乳に比べて数倍以上もあることが特徴です。豆乳のように苦みを感じることはなく、どの製品もしっかり甘さがあります。

製品分類や含まれている主な成分が違えば、期待できる効果も異なります。牛乳は豆乳の代わりにならないため、豆乳による効果を求めるのであれば豆乳を飲むようにしましょう。逆も然りです。

 

4. 豆乳の正しい飲み方・タイミング

豆乳を効果的に摂取するなら、正しい方法・タイミングで飲むことがおすすめです。

基本的に、「豆乳は必ずこの時間帯に飲むとよい」とされているわけではありません。しかし、求める効果によって適切なタイミングがあることは事実です。

例えば、便秘の改善を促したい場合は起床後がおすすめとなっています。起床後に飲料を飲むと腸が刺激されるため、便意が起こりやすくなるといわれています。また、ダイエットのサポートとして豆乳を取り入れるなら食前がおすすめです。食前に摂取すると満腹中枢が刺激されるため、食べすぎを防ぐことができます。

健康を意識して取り入れるなら、無調整豆乳を飲むこともおすすめです。しかし無調整豆乳は豆乳の中でも最も苦みを感じるため、苦手な人も多くいます。苦い飲み物が苦手な場合は、バナナやりんご、はちみつなどの「栄養素が多く含まれた甘い食べ物」と一緒に取り入れるとよいでしょう。

また、豆乳は摂取すればするほど効果が期待できるわけではありません。過剰摂取をするとかえって脂肪に変換されたり、ホルモンバランスが乱れて肌荒れを起こしてしまったりする可能性があるため、コップ1杯半程度など適量を保って日々摂取することがおすすめです。

 

まとめ

豆乳とは、「大豆からたんぱく質を含む成分を溶出した乳状の飲料」を指します。豆乳にはバストアップ効果があるという噂が広まり、現在では定着していますが、実は豆乳がバストアップに効果があると科学的に立証されているわけではありません。

しかし、豆乳を定期的に摂取しながらバランスのよい食事をとり、バスト周辺のマッサージやストレッチを行えば、バストアップの夢が叶う可能性は十分にあります。また、豆乳には胸以外にも美容面を中心としたあらゆる効果が期待できます。若々しい細胞を維持するためにも、豆乳を日頃から摂取することはおすすめといえるでしょう。

豆乳にはさまざまな種類があり、おいしく飲める商品も豊富にあります。ここまでの内容を参考に、ぜひ豆乳を飲む生活を始めてみてはいかがでしょうか。

人気記事

シェア

バストアップ初めての方には、
体験コースがおすすめ

体験コースへ

TOP

バストアップ体験はこちら