バストアップサプリって大丈夫?効果や選び方、注意点までわかりやすく解説

2018/12/28

バストアップサプリに関心を持ちながらも、「使っても大丈夫なのか」という不安や「本当に効果があるのか」という疑問を抱いている人は多くいます。本記事では、サプリやバストアップに関する基本的な知識を説明した上で、効果はあるか、選び方、注意点などを解説します。この記事を参考に、自分に合ったバストアップの方法を探してみてください。

バストアップサプリって効果ある?

バストアップサプリの効果に関しては諸説ありますが、使い方によっては効果が見込めます。バストアップサプリには、女性ホルモンの分泌を促す役割があるもの、女性ホルモンに似た成分を含むものが多数あります。

 

女性ホルモンは多ければ良いというわけではなく、バランスが整っていることが重要です。バストアップサプリを飲むなら、女性ホルモンを補うという意識を忘れないことが大切です。

 

バストアップと女性ホルモン

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。エストロゲンは、肌に潤いを与え、代謝を促し、丸みのある体つきにする働きがあります。女性らしさをたもつという意味で「美人ホルモン」といわれています。プロゲステロンは、基礎体温を上げ、子宮内膜を整え、乳腺を発達させます。

 

エストロゲンは女性らしい身体を作るホルモン、プロゲステロンは妊娠のための環境をささえるホルモンです。この2つの女性ホルモンがバストアップに深く関わっています。

 

2種類の女性ホルモンが交互に作用することで月経周期が繰り返されています。何らかの理由でホルモンバランスが崩れると、月経不順、体調悪化の恐れが出てきてしまいます。健康的な身体を維持するためには、女性ホルモンの分泌バランスを整えることが大切です。

 

サプリメントでホルモンバランスをサポート

女性ホルモンは、歳を重ねるにつれて減少します。女性ホルモンの分泌を促すために最も効果的なのは、規則正しい食生活と睡眠、そして適度なストレス発散です。バストアップサプリメントには女性ホルモンの分泌を促すもの、女性ホルモンに似た成分を含むものがありますが、あくまで女性ホルモンのバランスをサポートするという意味で摂取すると良いでしょう。

バストアップサプリを選ぶポイント

ここでは、バストアップサプリを選ぶ際のポイントを解説します。「サプリに含まれている成分」と「飲む期間」に注意して選びましょう。

 

含まれる成分

バストアップに効果的な成分として、プラセンタが知られています。プラセンタはホルモンバランスを整えるはたらきを持っており、女性ホルモンが多いときには分泌を抑制し、少ないときには促進します。また、プラセンタは血行を良くするはたらきも持っています。血行が良くなるとホルモンや栄養の流れが良くなり、バストアップにつながります。

 

コラーゲンもバストアップに効果がある成分です。バストの脂肪や乳腺はクーパー靭帯というコラーゲンの束に支えられており、これを強化することでバストがたるむのを防ぎます。また、コラーゲンはビタミンCをあわせて摂取することでよりバストのハリ・弾力の効果が高まります。食べ物からコラーゲンを摂取すると、体内で一度吸収されてから再構成されますが、ビタミンCはこのコラーゲンの再構成をサポートします。

 

飲む期間

バストアップサプリは、中に含まれている成分によって飲む期間が決まっています。女性の身体は、月経周期によって女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が異なります。エストロゲンは、生理後から排卵日にかけて多く分泌され、この期間を卵胞期と言います。プロゲステロンは、排卵後から次の生理が始まるまでに多く分泌され、この期間を黄体期と言います。

 

バストアップサプリには、エストロゲンを補う成分が含まれているものと、プロゲステロンを補う成分が含まれるものの2種類があります。したがって、エストロゲンを補う成分(例:イソフラボン、ブラックコホシュ、ボロンなど)が含まれているサプリは卵胞期に、プロゲステロンを補う成分(例:ワイルドヤム、フェヌグリーク、チェストベリーなど)が含まれているサプリは黄体期に飲むのが良いとされています。

 

飲む期間を間違えるとホルモンバランスが乱れ、生理不順や不正出血などの危険性があるので、細心の注意が必要です。

 

バストアップサプリの注意点

バストアップサプリを摂取する際は、中に含まれる成分に注意する必要があります。強いエストロゲン活性物質を大量に摂ってしまうと、体内のエストロゲン量が常に過剰となり、ホルモンバランスが乱れる危険性があります。また女性ホルモンの働きに似た成分を体外から摂取すると、自己でホルモンを分泌、コントロールする力が低下する可能性が指摘されているので、それらリスクも理解したうえでの摂取が必要です。

 

ホルモンバランスが乱れると、次のような副作用が起こり得ます。

・発疹やじんましん

・月経不順や不正出血

・腹痛、嘔吐や下痢

・頭痛

 

副作用を防ぐためには、商品ごとの適正量を守ることが重要です。必ず用法・用量を守って使用しましょう。

 

サプリを使って本当に大丈夫?

サプリを使う際に気を付けることを説明します。

 

サプリだけでバストアップは難しい

サプリを飲むだけでバストアップを期待するのは難しいです。サプリはあくまでも女性ホルモンのバランスを整えるために補うもの、という考え方を忘れず、摂取量や期間に気を付けて摂取しましょう。

 

バストアップに効果的な栄養素

女性らしい身体を作るためには、ホルモンバランスが整っていて健康的な身体であることが大切です。規則正しい食生活を心掛けることで、バストアップも期待できます。ここではバストアップに効果的な栄養素を紹介します。

 

バストアップに効果的な栄養素は、大豆に含まれるイソフラボン、ミネラルの一種であるボロン、良質なタンパク質、ビタミンE、アミノ酸です。それぞれが含まれている食品例は以下です。

 

イソフラボン・・・豆乳、納豆、豆腐など

ボロン・・・キャベツ、りんご、ぶどう、海藻類など

良質なタンパク質・・・鶏のささみ、マグロの刺身、紅鮭、さんまなど

アミノ酸・・・湯葉、マグロ、カツオ、シジミなど

ビタミンE・・・アボカド、アーモンドなど

 

 

まとめ

サプリだけでバストアップするのは難しく、規則正しい食生活や睡眠を心掛けホルモンバランスを整えることが必要です。ホルモンバランスの乱れ、不健康な状態を防ぐためにも、サプリを飲む際は含有成分をきちんと確認し、飲む期間にも注意しましょう。

 

バストアップ専門サロンM.M.M.では、健康状態を整える効果が期待できる栄養補助食品を、お客様のお体の状態にあわせておすすめしています。また、メスや針を使わず、体に優しい最新のバストアップ法を取り入れています。気軽に試せる「バストアップ体験コース」もありますので、まずはお問い合わせください。

バストアップ専門サロンM.M.M.はこちらから

人気記事

シェア

バストアップ初めての方には、
体験コースがおすすめ

体験コースへ

TOP

バストアップ体験はこちら