胸の大きさは遺伝する?胸の成長期や小さくなる要因も詳しく解説

2019/07/11

遺伝が原因で自分の胸は小さいのでは?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、胸の大きさと遺伝の関係や胸の成長期について、また、胸を小さくしてしまう要因などを解説します。胸の成長期以降でもバストアップできる方法も詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

胸の大きさは遺伝と関係がある?

胸の大きさの遺伝的要因はおおよそ3割程度とされています。胸の大きさを決める上で、大きな役割を果たすのは、女性ホルモンです。

 

思春期から成人期にかけて、女性ホルモンが分泌されることで、胸は大きくなります。したがって、この時期に女性ホルモンの分泌を妨げると胸の成長が止まってしまう可能性があります。例えば、極端なストレス、不規則な生活、栄養バランスが崩れた食事などです。

 

胸の成長期はいつからいつまで?

胸の成長期は、初経の前後の約4年間とされています。ここからは、胸の成長を3段階に分けて解説します。

【初経の1年程前】胸の成長が始まる

初経のだいたい1年前に、胸の成長が始まるとされています。このころ、一般的には乳頭の周辺が少し膨らんできます。

 

【初経の前後】徐々に膨らんでくる

初経の前後になると、膨らみが横に広がってきて、胸が少しずつかたくなってきます。

 

【初経の1年程後〜】丸みを帯びてくる

初経から1年程経つと、胸は丸みを帯び、徐々に立体的になります。胸の成長の開始(初経の約1年程前)から4年かけて、大人のバストに成長していきます。

 

胸が成長しない・小さくなる要因

これまでは、胸の成長について解説しました。ここからは、胸が成長しない・小さくなる要因について詳しく解説します。

 

栄養不足・食生活が偏っている

食生活と栄養バランスの乱れは、胸の大きさにかなりの影響を与えます。なぜなら、これらは女性ホルモンの産生や分泌と密接に関わるからです。胸の成長を気にかけるのであれば、まずは食生活を見直しましょう。

 

カフェインの過剰摂取や、女性ホルモンの産生を抑制するとされているインドールを含む野菜(ブロッコリー、キャベツ、大根などのアブラナ科の野菜に多い)も摂りすぎないように気をつけましょう。

 

十分な睡眠が摂れていない

睡眠不足は、胸の成長に必要不可欠な女性ホルモンの産生・分泌を乱し、結果として胸の成長に大きく影響を及ぼします。深い眠りについている時に、成長ホルモンは多く分泌されるので、眠りの質が悪く、眠りが浅い状態は胸の成長にとって悪影響となります。

サイズの合わないブラジャーを着用している

サイズの合わないブラジャーを着けることも胸が小さくなる要因になります。胸を締め付けるような小さいブラジャーをしていると、血行が悪くなり、胸に栄養がいかなくなります。また、大きめのブラジャーをしていると、胸が離れたり垂れたりする原因になります。

 

現在は通販などで手軽に下着が買えるようになりましたが、自分のサイズを確認してぴったり合うブラジャーを着けましょう。

 

極端なダイエットをしている

極端なダイエットも胸の成長を妨げる要因になります。食事制限によるダイエットをしている場合は、栄養不足に陥り、女性ホルモンの産生・分泌を乱して胸の成長を妨げてしまいます。また、胸の周りの筋肉を鍛えずに脂肪を落とそうと有酸素運動に励むと、胸の脂肪が落ち、かえって胸が小さくなってしまいます。

 

猫背や長時間同じ姿勢で過ごしている

猫背や長時間同じ姿勢をキープしていることもよくありません。なぜなら、猫背や悪い姿勢は血流を悪くする要因となるからです。血行が悪くなれば胸を成長させる上で必要な栄養を胸に送り届けることはできません。バストアップを目指すのであれば、姿勢をよくすることを心がけましょう。

 

たばこを吸っている

たばこも胸の成長を阻害します。たばこに含まれている「ニコチン」が女性ホルモンの働きを妨害し、胸の成長に悪影響を与えます。また、たばこを吸うと、胸の弾力を支えている「エラスチン」という成分が破壊され、胸の弾力がなくなってしまうとされています。

 

胸のサイズの測り方を間違えている人が多い?

正しい胸のサイズの測り方を知らない人は多いです。サイズの合わないブラジャーをしていると、胸が小さくなる原因となります。ここからは、正しい胸のサイズの測り方と測る際の注意点を紹介します。

正しいブラジャーのサイズの測り方

ブラジャーのサイズを正しく測る時は、胸の膨らみの部分である「トップバスト」と胸の下の「アンダーバスト」を測ります。ブラジャーのカップサイズは、トップバストとアンダーバストの差(トップバスト-アンダーバスト)で決まるからです。

 

トップバストの測り方

まずバストをしっかり持ち上げましょう。サイズを測る際にはメジャーを使います。メジャーは床と平行になるように心がけて、サイズを測りましょう。この時ブラジャーは着けません。また、お辞儀をするような形で体を90度曲げ、胸のトップを立たせて測る方法もあります。この時、メジャーが床と平行に、トップと垂直になっているように注意してください。

 

アンダーバストの測り方

アンダーバストを測る際も、メジャーを使います。この時も、ブラジャーは着けません。また、メジャーが床と平行になるように心がけて計測しましょう。

参考: JIS規格サイズ表

測る際に注意するポイント

胸のサイズを測る際には、胸をメジャーできつく締め付けないようにしましょう。締め具合は、きつすぎず緩すぎず、メジャーが一直線に張る程度が理想です。また、トップバストを測る際は、正しい位置に胸のトップが来るように注意してください。胸が下がり気味の場合でどうしてもやりにくければ、ブラジャーをしてサイズを測ってもよいでしょう。

成長期を過ぎてからバストアップする方法

ここからは、成長期を過ぎてからでもバストアップを目指せる方法について解説します。

 

バストアップに役立つ食品を摂取する

成長期を過ぎてからのバストアップを目指すのであれば、バストアップに役立つ食品の摂取がおすすめです。例えば、女性ホルモンである「エストロゲン」を活性化させる「ボロン」や、「エストロゲン」に似ている働きをする「イソフラボン」を摂るとよいでしょう。

 

「ボロン」は果物や海藻類に多く含まれ、「イソフラボン」は大豆に多く含まれているため、豆腐や豆乳から摂取できます。手軽に摂れる食品なので、試しやすいでしょう。一方で、これらを多く含む食品を食べ続けていれば、自然とバストアップするわけではありません。バランスのよい食生活を心がけた上で、バストアップに役立つ食品を摂取してください。

睡眠の質を高める

睡眠の質を高めることも、バストアップにとって不可欠です。以前は22〜2時をシンデレラタイムといって、この時間帯に寝ることが大切とされていました。しかし最新の研究では、重要なのは睡眠時間ではなく、眠りについてからの始めの約3時間であり、深い眠りについている時に多くの成長ホルモンが分泌されると発表されています。

 

寝る前のスマホの使用などは睡眠の質を下げてしまうので、極力控えるようにしましょう。

 

バストアップに効果的なエクササイズを取り入れる

バストアップに効果的なエクササイズもあります。ここでは2つのエクササイズを紹介します。簡単にできるので、ぜひ日常生活に取り入れてください。

 

リンパの流れをよくするエクササイズ

  1. 腕を体の後ろにまわして、腕を組みます。
  2. そのまま肘を下に伸ばします。
  3. これを5回繰り返します。

合掌ポーズで大胸筋を鍛えるエクササイズ

  1. 肩幅より少し広く足を開き、リラックスして立ちます。
  2. 両手の手のひらを合わせて、合掌をします。
  3. 手のひらを押し付け合いつつ、肘を内側に閉じていきます。
  4. 肘を、元のように開きます。
  5. これを10回×2セット繰り返します。

まとめ

この記事では、胸の成長段階や胸の成長を妨げる要因や成長期を過ぎた後のバストアップの方法などを解説しました。

 

バストアップ専門サロンM.M.Mでは、1人1人の体質にあったサポートと、先進テクノロジーを駆使したマシーンケアを合わせたアプローチで、バストアップを実現します。メスや針を使わない体に優しい手法で、バストアップを目指せるので、バストアップを目指したい方はぜひお試しください。

 

信頼と実績のバストアップ専門サロンM.M.Mの体験コースはこちら

人気記事

シェア

バストアップ初めての方には、
体験コースがおすすめ

体験コースへ

TOP

バストアップ体験はこちら