胸の大きさが左右で違う原因は?改善方法や気をつける習慣まで解説

2019/10/04

右胸と左胸の大きさの違いを気にする方もいるのではないでしょうか。この記事では、左右で胸の大きさが違う原因や対処法などを解説します。左右差を改善できるような生活習慣なども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

胸の大きさの左右の違いに悩んでいませんか?

そもそもバストには左右差があるのが普通です。右手と左手が左右対称ではないように、右胸と左胸にも違いがあるからです。片方の胸だけにしこりや痛みがあるなどの異常がない限り、左右差があっても気にする必要はありません。

 

ですが、女性であれば、左右対称の胸に憧れるのは当然のことです。気になるあまり鏡の前でバストをくまなくチェックした経験のある方や、左右差があるためにブラジャーや水着選びに苦労した方も多いでしょう。

 

では、このような左右差を無くすには、どうすればよいのでしょうか。

以下で、バストの大きさに違いがでる原因や解決法を紹介します。

胸が左右で大きさが違う原因

 

 

ここでは、胸に左右差ができる原因を説明します。ブラジャー選びなどに役立ててください。

 

左側に心臓があるため

心臓は、生命維持に関わる重要な臓器です。そのため心臓がある左側のバストの方が、大きくなりやすいと言われています。これは身体の防衛機能によって、左胸の脂肪が増えるためです。皮膚の下の脂肪を増やすことで、外部からの衝撃に備えています。

 

ブラジャーのサイズが合っていない

サイズの小さいブラジャーを着用すると、バストが圧迫され血流が妨げられます。老廃物が溜まり、肌や内部の組織も傷つきやすくなるため、両胸に左右差が出やすくなります。特に生理前は、バストのサイズが変わりやすくなります。少しでも胸が窮屈に感じたら、一つ上のサイズのものを利用するようにしましょう。ブラジャーの方が大きい場合はパッドで調節します。

 

体が歪んでしまっている

身体が歪んでしまうと骨や筋肉の位置が変わるため、右胸と左胸の大きさや形も変化します。体の歪みの主な原因は、姿勢の悪さです。普段から左右どちらか一方の手足を使いすぎていたり、猫背で背中が丸まっていたりする場合は注意しましょう。脚を組む癖がある場合も背骨が傾き、体の歪みの原因になります。バストの左右差を解消したいなら、背筋をしっかりと伸ばし、規則正しい生活をすることが大切です。

 

筋肉の付き方の違い

筋肉の発達具合に左右差があると、両胸の大きさや形にも違いが出ます。バッグの持ち手がいつも同じ方や、テニスやバドミントンなどの激しいスポーツをしている方に多いようです。普段から、利き手ばかり使って生活している方は注意しましょう。

 

授乳の回数

片方の胸でしか授乳していない場合、腕や胸に大きな負荷がかかります。腕の筋肉のつき方にも違いが出るため、身体の歪みの原因にもなります。授乳する際は、できるだけ両方の胸をバランスよく使うようにしましょう。

 

病気

病気になると、両胸の形や大きさに違いがでることがあります。しこりがある場合は、バストトップの位置が非対称になることが多いようです。乳腺の炎症の場合は、搾乳中に強い痛みが出ます。短期間で大きさが変化した場合は、病気の可能性もあるので専門機関を受診した方がよいでしょう。

 

胸の大きさの左右差をなくす方法

 

 

ここでは、胸の左右差をなくす方法を紹介します。自宅でできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

 

マッサージをする

マッサージで皮膚や組織を刺激することで、左右の胸を均等にしていきます。おすすめのマッサージ法は、以下の通りです。

 

老廃物を押し流すマッサージ

バストに溜まった老廃物を流すマッサージです。拳を使って、バスト周辺の老廃物を脇の方に流します。強くやりすぎると皮膚や組織を傷つけてしまうので、適度な力で行うことが大切です。

 

以下で、具体的な手順を示します。

 

1.右手で拳をつくり、左の鎖骨の下あたりから脇の方に老廃物を流す

2.腕の付け根から曲線を描くように、脇の下のリンパ節に老廃物を流す

3.もう片方の胸も同様にマッサージする

 

乳腺つまりを解消するマッサージ

乳腺つまりを解消するマッサージです。

以下で、具体的な手順を示します。

 

1.右手で拳をつくり、左の鎖骨の下に配置する(小指が肋骨にあたるくらい)

2.バストトップの上付近まで、乳腺つまりを解消するようにスライドさせる

3.もう片方の胸も同様にマッサージする

 

ブラジャーを替えたり、調整する

すでにバストに左右差がある場合は、大きい方の胸にサイズを合わせ、小さい方はパッドなどで調節します。小さい方にサイズを合わせてしまうと、大きい方の血流が悪くなってしまうので注意しましょう。

 

特に生理前後は女性ホルモンが活発になり、胸の大きさも変化しがちです。状況に応じて柔軟に対処できるように、数種類のブラジャーを用意しておきましょう。

 

ナイトブラを着用する

寝ている時は、身体の向きを自分で調整できないため、無意識のうちにバストに負担をかけています。そのため就寝時は、昼間とは異なる専用のブラジャーが必要です。ナイトブラを着用すれば、就寝時でもバストをサポートできます。

 

胸の大きさの左右差をなくすための習慣

胸に左右差が出ないようにするための習慣を紹介します。

 

荷物を持つ手に気をつける

荷物の持ち手を片方に集中させると、骨格や身体が歪むためバストが小さくなります。普段から片方の手だけで荷物を持っている場合は、もう片方の手に持ち換えるなどして、腕にかかる負荷を分散させましょう。荷物が二つ以上ある場合は、両手の負荷が同じになるように調整してください。

 

寝る姿勢に気をつける

寝る時の姿勢が悪いと、胸の負担が大きくなります。特に横向きで寝る習慣がある方は、重力の影響で負荷がかかりやすくなるので注意しましょう。右向き・左向きのどちらかに偏りすぎると、バストの左右差が出やすくなります。夜は、できるだけ仰向けで眠りにつくのがおすすめです。

 

毎日半身浴をする

入浴は、バスト周辺の血行をよくするためバストアップに効果的です。毎日入るのが難しい場合は、20分程度の半身浴でも問題ありません。半身浴中に老廃物を流すマッサージをすると、より大きな効果を得られるでしょう。

 

まとめ

左右の胸の大きさが違うのは、珍しいことではありません。生活習慣などで身体が歪めば、それに連動してバストの大きさや形も変化しますし、改善することも可能です。現在の状態と自分の体質などを考慮して、適切な対策をとりましょう。

 

MMMは、メスや針を使わない体にやさしいバストアップサロンです。30種類以上の専用マシンを利用し、患者さんの体質や状態に合わせた施術を行います。お悩みに合わせたコースもあるため、胸の左右差にお悩みの方にもおすすめです。体験コースも受けられるので、ぜひお試しください。

 

MMMの公式サイトはこちら

人気記事

シェア

バストアップ初めての方には、
体験コースがおすすめ

体験コースへ

TOP

バストアップ体験はこちら