胸が流れるのはなぜ?流れた胸を戻す方法を詳しく解説!

2019/11/19

自分の胸が流れていると感じ、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。胸がやわらかすぎるから流れるともいわれますが、なぜそうなるのかという理由はあまり知られていません。

この記事では、胸が流れてしまう原因や改善方法をわかりやすく解説します。お悩みの解決にぜひ役立ててください。

あなたの胸はどれくらい流れている?

まずは、自分の胸がどれくらい流れているのか、鏡でチェックしてみましょう。全身が映る鏡がわかりやすいですが、ない場合は洗面台の鏡でも大丈夫です。下着をはずして上半身裸になり姿勢よく立ちます。このとき胸を張ったりせず、自然に背筋を伸ばします。鏡を見て、鎖骨の中心と両方の乳頭の位置、あわせて3点を確認します。

 

この3点を結んでできる三角形が、正三角形に近いほど「よい形の胸」となります。下に流れている、つまり垂れていれば背の高い二等辺三角形になり、横に流れている、つまり離れていれば背の低い二等辺三角形になります。常にきれいな正三角形が維持できているかどうか、お風呂に入る前などにチェックする習慣をつけましょう。

 

胸が流れる原因

胸が流れる原因はおもに2つあります。それぞれ解説します。

 

クーパー靱帯や皮膚の伸び

クーパー靱帯は、バストを支える重要な役割を果たしています。クーパー靱帯はコラーゲンでできており、胸を構成する乳腺や脂肪が流れないようにつなぎ止めています。コラーゲンでできているため、一度伸びてしまうと縮むことができず、つなぎ止める力が弱くなります。

 

加齢や激しい運動などでクーパー靱帯が伸びると、胸が流れる原因になります。授乳などで胸が大きくなったときには、クーパー靱帯だけではなく皮膚も伸びてしまい、さらに胸が流れてしまいます。

 

胸筋の筋力低下

土台となってバストを支えているのは、大胸筋と小胸筋です。大胸筋はバストを土台から持ち上げ、小胸筋はバストを身体の中心に引き寄せ、ハリを持たせます。大胸筋と小胸筋は、ほかの筋肉と同様に歳を重ねるごとに衰えていきます。意識的に鍛えなければ、胸が流れる原因になってしまいます。

 

流れた胸を戻す方法7選

胸が流れないよう予防することも大切ですが、流れてしまった胸を戻す方法もあります。ここでは7つの方法を紹介します。ぜひ実践して下さい。

 

胸筋を鍛える

衰えてしまった大胸筋・小胸筋を鍛えることで、バストを支え引き寄せる力を戻します。以下のエクササイズで、胸筋を刺激しましょう。

 

腕立て伏せ

大胸筋を鍛えるために、一番有効なエクササイズです。胸だけではなく、二の腕が引き締まるなど、上半身全体によい影響を与えます。回数は無理のない範囲からはじめて、徐々に増やしていきましょう。筋肉が修復できるよう3日に1回のペースで行います。

 

小胸筋を鍛えるエクササイズ

小胸筋は肩甲骨に繋がっていて、血管のすぐそばにあります。小胸筋を鍛えることで、血行がよくなり、胸を引き上げる力もアップします。仕事の合間などでも気軽にできる、小胸筋を鍛えるエクササイズです。

 

1)身体のうしろ、腰の上くらいの位置で両手を組む

2)両手を組んだまま、斜め下の方向にぐっと引き下げていく

3)呼吸は自然に行い、目線と胸は斜め上を向くように意識する

 

1日に数回、リラックスしながら行ってください。

 

ダンベル

最近では、100円ショップでも売られています。または、水を入れたペットボトルを代用できるので気軽に試せます。

 

1)仰向けになり、ヒザは軽く立てる

2)両手にダンベルを持って、床と垂直になるようゆっくりと息を吸いながら持ち上げる

3)息を吐きながら、ゆっくりとまっすぐに下ろす

4)持ち上げるときも下ろすときも、勢いをつけないように注意する

 

10~20回程度、できる範囲で続けて下さい。

 

食事で筋肉量を増やす

筋肉量を増やすためにもっとも必要な栄養は「タンパク質」です。鶏肉、特に胸肉やささみ、大豆食品、卵、魚、乳製品に多く含まれています。コンビニのサラダチキンは、手間をかけずすぐ摂取することができておすすめです。食欲がないときなどは、市販されているプロテインを利用する方法もあります。

 

女性向けのプロテインは、ミネラルやビタミン、コラーゲンなど美容によいとされている成分が配合されているものも多いです。味や金額もさまざまなので、自分にあったものを選びましょう。

 

マッサージをする

バスト回りのマッサージは、血行やリンパの流れをよくして、栄養を行き渡らせたり老廃物の排出を促したりする効果があります。お風呂上がりなど、身体が温まっているときに行うとより効果的です。

 

1)片方の手で、下から持ち上げるようにバストを支える

2)もう片方の手でバストの上のほうを、円を描くようにしてもみほぐす

3)反対側も同様

 

これは大胸筋のコリをほぐすことにもつながります。あわせて脇の脂肪のマッサージも行いましょう。

 

1)右手で左脇の下から背中側にできるだけ手を伸ばす

2)右手を、背中から胸に向かって脂肪を押し流すように動かす

3)反対側も同様

 

脇の脂肪が胸に移動するイメージで行って下さい。脇がすっきりして胸が流れにくくなります。

 

ナイトブラをつける

ナイトブラはその名の通り夜につけるブラジャー、特に寝る間につけるための製品を指します。胸は寝ている間、横に流れたり押しつぶされたりして形を崩しています。それを繰り返すことで、もとの形に戻らなくなってしまうのです。ナイトブラは、締めつけないよう優しくホールドして胸の形を守ってくれます。胸が流れると気になっている人には、特に必要です。

 

サイズの合ったブラをつける

サイズの合ったブラをつけないと、胸の型崩れの大きな原因になります。身体にフィットしていないと胸が揺れやすくなり、クーパー靱帯が伸びてしまうからです。まずは正しいサイズを測りましょう。また同じサイズでも、ホールド感優先・育乳優先などさまざまなタイプが出ています。正しい着け方で試着して、自分のサイズと目的に合ったものを選びましょう。

 

ホールド力の高いブラをつける

すでに流れてしまっている胸を「しっかり寄せて形よく整えたい」場合は、ホールド力がより高い補正下着がおすすめです。一昔前は、基本的にはオーダーメイドでかなり高価でしたが、最近ではお手頃なものも出てきています。予算とも相談して、使ってみるのもひとつの方法です。

バストアップサロンに行く

自分ひとりでは努力がなかなか続かない、できるだけ早く形の整った胸にしたいという人には、バストアップサロンがあります。エステの形態はいろいろですが「バストアップサロンMMM」は、バストアップ専門のエステサロンです。

 

血流をよくし、ホルモンバランスや育乳環境を整える、細胞レベルのエイジングケアなど、専門サロンだから可能な10のステップでバストアップへと導きます。胸がコンプレックスでどうしても改善したいという人には専門のバストアップサロンがおすすめです。

 

まとめ

加齢や生活習慣による筋力低下や皮膚の伸びなど、胸が流れる原因を解説しました。人によって原因はさまざまですが、自分でできる改善方法はたくさんあります。今回ご紹介した方法はどれも自宅や仕事の合間にできるものばかりです。ぜひ試してみてください。

 

それでも、自力で改善することが難しい人、今すぐバストラインを改善したい人は、プロによるケアを受けることをおすすめします。

 

バストアップサロンMMM」には、「胸が流れている」「ハリがない」「ボリュームがない」といったお悩みに合わせたコースがあり、より自分にあった施術を受けることができます。丁寧なカウンセリングと施術を体験できる「体験コース」もあります。少しでも早くお悩みを解消したいという方は、ぜひお申し込み下さい。

 

バストアップサロンMMMの体験コースはこちら

人気記事

シェア

バストアップ初めての方には、
体験コースがおすすめ

体験コースへ

TOP

バストアップ体験はこちら