貧乳を改善するリンパマッサージのやり方・ポイントから注意点まで

2021/09/21

貧乳を改善するリンパマッサージのやり方・ポイントから注意点まで

貧乳は、親や友人、恋人に相談しにくい身体の悩みの1つです。細身のモデルや芸能人、友人と自分自身の胸を見比べて、「なぜ私のみ、貧乳なのか」「ブラジャーや水着姿に自信が持てない」となげく人もいるでしょう。

当記事では、貧乳に悩む女性に向けて、貧乳になる原因やバストアップを目指すためのポイントを解説します。また、リンパマッサージでバストアップする方法・注意点も併せて紹介するため、張り・弾力ある美バストを作るためのヒントとして、ぜひ参考にしてください。

 

1.貧乳になる原因とは?

貧乳になる根本的な原因は、遺伝的要素と女性ホルモンの減少であるといわれます。ただし、女性のバストサイズは遺伝的な要素よりも女性ホルモンの減少に左右される可能性が高く、生活習慣の問題の影響を大きく受けます。女性ホルモンは非常にデリケートで、生活習慣の問題によって減少するケースが多いためです。

たとえば、下記のような生活習慣の問題は、女性ホルモンの減少を引き起こすリスクがあります。

●貧乳になる原因

  • 思春期にストレスを受けている
  • 食生活が偏っている
  • 睡眠量が不足している
  • 姿勢が悪い
  • 体が冷えている
  • 過度な運動

女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」は、乳腺組織を増加させたり発育させたりする働きを持ちます。増加・発達した乳腺組織を保護するためにつく脂肪が、美しいバストラインを作ったりカップ数を上げたりするための立役者です。

生活習慣の問題によって2種類の女性ホルモンが減少すると胸周りに脂肪がつかず、貧乳になるケースがあります。

 

2.バストアップを目指すためには?

生活習慣の問題による貧乳は、適切な対策をとることで改善できるケースがあります。では、具体的にはどのような方法で生活習慣の問題を解消し、貧乳の改善を目指せば良いのでしょうか。

以下では、バストアップを目指すためのポイントについて詳しく解説します。

 

2-1.生活習慣を見直す

ジャンクフード・嗜好品の食べ過ぎやバランスの悪い食事は、女性ホルモンの分泌を妨げるリスクがあります。女性ホルモンのバランスを整えるためには、栄養バランスの良い食事をとり、身体を健康に維持することが大切です。

女性ホルモンの分泌は睡眠の質も影響するため、十分な睡眠時間を確保し、ぐっすりと眠りましょう。睡眠の質を高めるためには、下記のような対策を検討できます。

  • 就寝時間の3時間前までに夕食を食べる
  • 休日の寝だめを避ける
  • ぬるめのお風呂にじっくり浸かる

カフェインの入った飲み物を飲んだり、喫煙したりすることは、睡眠の質を低下させる原因です。喉が渇いたときには、白湯や水などカフェインの入っていない飲み物を選んでください。

 

2-2.姿勢を改善する

猫背・巻き肩(身体の正面方向に巻き込まれ、丸まった肩の形状)はリンパの流れを悪くして、女性ホルモンの補給を妨げるといわれます。日頃から正しい姿勢を意識するとともにストレッチや筋トレに取り組み、姿勢を改善してください。

猫背の改善を目指すためには、背中やお腹、腰の体幹および肩の周りを重点的に鍛えます。巻き肩の改善を目指すためには、背中の筋肉を重点的に鍛えることで、肩甲骨を正しい位置に戻すことが大切です。

 

2-3.バストマッサージをする

最後に、バストマッサージに取り組み、リンパの流れを促すことです。胸の周りのみではなく鎖骨や脇の下、背中などもマッサージして、上半身全体のリンパの流れを促しましょう。胸の周りや脇の下は非常に多くのリンパ節があり、リンパの流れの滞りやすい部位といえます。鎖骨や脇の下もリンパ節が多く、リンパが滞りやすい部位です。

バストマッサージを実践するタイミングは、お風呂上がりをおすすめします。1回あたりの時間を長くしてもすぐに変化が見られることは少ないため、無理のない実践方法を身につけ、日々の習慣として継続しましょう。

 

3.リンパマッサージでバストアップする方法

ここでは、リンパマッサージ(バストマッサージ)でバストアップを目指す方法について、より詳しく解説します。リンパマッサージの基本は、身体の上部から下部に向かって順番にリンパの流れを良くすることです。

バストアップを目指すためにリンパマッサージする場合は、鎖骨・脇の下・背中のリンパ・胸の順に流す方法をおすすめします。鎖骨は全身のリンパの最終出口ともいわれるため、最初にしっかりほぐしましょう。

胸のリンパマッサージのやり方は、下記の通りです。

●胸のリンパマッサージのやり方

ステップ1 片側の胸の下に両手を置く
ステップ2 左右の手で胸をすくい上げるように、交互に動かす
ステップ3 みぞおち部分に両手を置く
ステップ4 みぞおち部分の脂肪を胸へと寄せるように、左右の手を交互に動かす
ステップ5 反対側の胸の下に両手を置き、ステップ2からステップ4までを実践する

リンパマッサージでバストアップを目指す際のポイントは、下記2点です。

【1】就寝前に実践する

リンパの流れは、仰向けになった状態のときに促されます。就寝前にリンパマッサージすることで夜間のリンパの流れをさらに促し、老廃物の排出を助けることが可能です。

【2】リンパマッサージの前後にコップ1杯の水を飲む

リンパマッサージの前後にはコップ1杯の水を飲み、リンパの流れを促しやすい状態に変えてください。コップ1杯の水を飲むことで老廃物の排出も助けることができるため、メリハリボディの実現を目指すことが可能です。

 

4.胸のリンパマッサージをするときの注意点

胸のリンパマッサージを行うときには、注意点がいくつかあります。注意点を守ることなくリンパマッサージしてしまうと、ねらい通りの効果を得られなかったりトラブルを招いたりするリスクがあるため、気をつけましょう。

以下では、胸のリンパマッサージをするときの注意点について解説します。

 

4-1.圧を強くかけない

バストアップ目的でリンパマッサージをする場合、リンパ管は肌の表面に近い部分に位置するため、さする程度の強さでもアプローチすることができます。そのため、「早く効果を出したい」と、痛みを感じるほどの圧をかけることは避けてください。

圧を強くかけることはむしろ、リンパ管を傷つけて、バストアップを妨げる要因にもなり得ます。極端に強い圧をかけたことが原因で、内出血を起こしたりあざができたりすることもあるため、あくまで優しく、さするようなイメージで実践しましょう。

 

4-2.肌を直接摩擦しない

リンパマッサージする際には、ボディクリームやオイル、ボディローションなど、滑りを良くするアイテムを使用しましょう。適量を肌になじませ、滑りの良い状態に変えてからリンパマッサージすることにより、摩擦刺激を軽減できます。摩擦刺激の蓄積は、たるみやシワの増加につながる要素です。肌を傷つけ、トラブルを招くリスクもあるため、直接的なリンパマッサージは控えましょう。

リンパマッサージ用にボディクリームやオイルなどを購入する場合は、自分の肌質に合うものを選択しましょう。敏感肌の女性は刺激のなるべく少ないもの・乾燥肌の女性は保湿成分の含まれるものなど、使いやすい商品を選んでください。

 

4-3.体調がすぐれないときは控える

体調が悪いときにリンパマッサージを行うと、血液・リンパの流れが促されて、症状を悪化させるリスクがあります。熱がある・胃腸の調子が悪いなど体調の悪さを感じたときには無理をせず、リンパマッサージを控えてください。

既往症や持病のある人はかかりつけの医師に相談し、リンパマッサージしても良いかを確認すると安心です。自己判断でリンパマッサージに挑戦することは避け、身体に負担をかけないように注意しましょう。

 

まとめ

今回は、貧乳になる原因と生活習慣の見直しや姿勢の改善、リンパマッサージによってバストアップを目指す方法を解説しました。バストケア目的でリンパマッサージする方法は手軽に実践できる反面、いくつかの注意点があり、自己流で行うことはハイリスクです。

安全かつ効率的な方法で胸のコンプレックスを解消したい女性には、バストアップ専門エステ「MMM」への相談をおすすめします。バストアップの専門家とともに貧乳の悩み解決を目指し、理想のボディラインを手に入れましょう。

人気記事

シェア

バストアップ初めての方には、
体験コースがおすすめ

体験コースへ

TOP

バストアップ体験はこちら